読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DV被害!イジメ被害!沖縄は楽園か?

沖縄 浮気 探偵
沖縄は楽園か?

沖縄は本当に「南の楽園」なのだろうか?残念だが、こういう疑問を抱かざるを得ない事態だ。県内でドメスティックバイオレンス(DV)が増えており発生件数(人口10万人当たり)が全国一という専門家の指摘もあり、早急な対応が求められる!
DVを直訳すると「家庭内暴力」となり、夫から妻、母から子、子から親、兄弟間の暴力など家庭内のさまざまな形態の暴力ととらえられる。身体的暴力に限らず精神的、経済的、性的など多様な形がある。特に身体的暴力はDV防止法で、れっきとした犯罪だ。

2015年に県警に寄せられたDV相談件数は733件で過去最多だったことが判明し、年々上昇傾向にあります。

ではDVにはどんな種類があるのでしょうか?大きくわけて5つの種類に分類されます

■身体的暴力

殴る、蹴る、つねる、物を投げる、熱湯をかける、首を絞める等など、加害者が被害者に一方的に行う暴力ことです

■精神的暴力

大声で怒鳴る、無視する、電話やメールを無断でチェックする、命令口調でののしる、いやがることを言って脅す等など、被害者にストレスがかかるようなことを繰り返し、精神的に追い込む暴力のことです

■性的暴力

性交渉を強要する、避妊をしない、中絶を強制する、異常に嫉妬心をいだく等など性的に心身ともに受ける暴力のことです

■経済的暴力

生活費を渡さない、 大きな買物の決定権を渡さない、酒やギャンブルに生活費をつぎ込む、仕事を制限する等など経済的に自由を許さない暴力のことです

■社会的隔離

携帯電話やパソコンの所有を拒否する、外出先や電話の相手を細かくチェックする、交友関係を細かく管理する、親兄弟から隔離したがる等など社会から被害者を隔離しようする行為の暴力のことです。 相手がそのような行為に至るのは愛情の現れで「自分が悪いからだ」と思ってしまう被害者がいますが、愛情と勘違いするのは大きな間違いです

DVの原因

特徴としては、配偶者や恋人間のパートナーによる暴力は被害者が女性であることが圧倒的に多く、そのパートナー間の暴力は単純な喧嘩ではなく加害者から被害者への一方的な暴力であることが圧倒的に多いことが上げられます!

その背景には、家庭、職場、地域などでは慣習的・潜在的に男性優位な社会構造となっていることが関わっています。 「男は仕事、女は家事・育児」という「男は男らしく」、「女は女らしく」という性別の役割分担の考え方が社会的、文化的に根付いています。一般的に性別で仕事=男性、家事=女性という役割分担によって、経済的な格差が生まれる大きな要因となっており、現在も改善されつつあるとはいえ意識的にはまだ残っています。さらに男性優位な社会構造は、男性を支配する側、女性を支配される側という考え方が慣習的にあるので、法的に単純な「夫婦喧嘩」と見なされることも多く、訴訟として訴えにくい環境にあります。そうして見落とされてきたDVは、それを目撃した子どもたちにも影響をおよぼします。幼児期に大人のDVを目の当たりにした子どもたちは、自らが成長した時に暴力として表現するケースが多々あり、次の世代に暴力が引き継がれるという負の連鎖が起こります!



心当たりのある方は
yk総合探偵社まで!

沖縄 浮気 探偵


沖縄のイジメ倍増!不登校も最多

2015年度の問題行動調査で、病気、経済的理由以外で年間30日以上欠席した県内小中学校(国公私立)の不登校者数は過去最多となった。また、小中高、特別支援学校のいじめの件数も倍増した。

イジメとは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力や差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である。いじめ防止対策推進法、第4条にていじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分・出席停止についても言及されています!

近年のイジメとして中部中学校のいじめ動画がSNSによって流出し発覚した事件でも

学校側は「いじめはない」とコメントしており。学校側が助けてくれる可能性が低い事が読み取れる!

この騒動は、男子中学生が、別の男子中学生に一方的に殴る蹴るなどの暴行を加えたもので、その様子が撮影された動画がインターネット上にアップロードされ、その内容が非常に残虐であったことから、炎上騒ぎに発展していました。男子中学生は、被害者の顔面を含め全身に膝蹴り・肘打ち・跳び蹴りなど執拗に暴行を加えています。暴行を加えている人物が1人、動画を撮影していたのが2人、そのほか4人が周りでやじを飛ばしたり笑って様子を見ていました。

被害者側の生徒は警察に被害届を出したということで、沖縄県警が傷害事件として捜査を進めています!

学校側がいじめを認めなかった詳しい意図についてはわかっていません。

探偵にご相談下さい!

DV被害・イジメ被害も証拠がない事には警察は動いてくれません!上記のいじめ問題に関しても動画という証拠があったからこそ進展がありました。

話しだけでは動いてくれないのが現状です。証拠があって初めて助けてくれます。

探偵が行う調査なの中でも重要とされているのが、証拠収集です。探偵の力量がわかる証拠収集は、重要な仕事になります。そして調査を通じて得ることができた証拠を盾にとって、相手に対して有利な状態で交渉を進めていくわけです!

証拠を収集する作業ですが、もちろん法律の範囲内で行わないといけません。また効率的に証拠を集めていくためには、依頼者の協力も必要になります!どこを探せば、証拠を見つけることができるかということについて、知りうる情報をすべて公開をしてもらいます。調査の効率化にもつながっていきます!DV・イジメに関しましては特に探偵と依頼者のチームワークが重要になります。



まずはご相談ください!
yk総合探偵社
TEL:098-988-3366
お問い合わせ

LINEからのご相談はこちらからどうぞ
LINEからのご相談はこちらからどうぞ
浮気調査LINEで相談